2010年3月6日土曜日

〜〜〜〜〜〜〜〜

今日で展示の半分がすぎた。映像をパソコンを持っていって映してたんだけど
家に帰った後にやれることがほんとに限られていて、今日は自力で人形町から
汗まみれになって持ってきた。

色んなひとが来てくれてる。特に就職で忙しい三年、四年の友達には感謝。
三人展だから作品数は多いのが当たり前なんだけど、一昨年やった個展より
も作品をもっていったので、特に地下スペースはとてもおもしろい空間になっ
ていると思う。 俺は小さいドローイングを100枚近く持っていって壁に貼っ
た。だが初日は貼るのにかかる時間を計算していなかったので、作品を並べ
るのに半日くらいかかってしまってハイパーださかった。

長い事読んでいた、『自己と他者』を読み終えたので今、『ディスポジショ
ン 配置としての世界』という本を読んでる。自己と他者は、心理学系の本
で、精神分裂症患者をモチーフに論理を丁寧に展開していく内容。この系統
の本は今の自分の分析にも役立つし、これからの自分のしたい方向性を考え
る上で、とても転機になった本。今度のディスポジションは心理学、哲学か
ら派生して、リベラルアートを横断した内容になっていて、面白い。しば
らくお世話になりそうだ。
 写真はギャラリーの外から見たやつ。と、新キャラvoltaxくん。
 なかなかいいところでしょう。こいつかわいくない??



0 件のコメント:

コメントを投稿