2010年5月30日日曜日

阿佐ヶ谷

昨日はラピュタ阿佐ヶ谷のアニメーションフェスティバルへ
エストニアのアニメーション最新作品を見に行った。

電車で中野くらいまで行ってあと少しで観れるな〜〜
て思ってたらまさかの人身事故。


こんなところで待ってられるかとタクシーに乗ってラピュタへ向かう。
その時点で開演10分前。
確かにまっているのがめんどくさいから
ちょうどな時間で行ったのが悪い。
だが開演10分経ってしまうと入れてもらえないので
タクシーの中で俺は終止無言であった。
しかし今度は渋滞。
神はいないのかとエルサレムへ走りたい気持ち満点。



結局ついた時刻は開演30分経過後。
当然入れてもらえる事なく、悔しいのでアニメーションの
これ観ろ 
みたいな雑誌を買った。

俺はマジ泣きしていた。
スタッフの方にDVD化を強く希望した。
泣きながら懇願する若者を前にスタッフの方の顔は完全に引いていた。
友人たちはそんな俺を不憫に思い、呑みにいこうと誘ってくれた。


アングラ系の飲み屋で黒ビールを呑みまくり
白熱した人生議論を展開。
静かに呑んでた他のお客さんに多分迷惑をかけまくる。

終電時刻でやっぱり観たかったと店主に訴えると
カウンターにラピュタの社長さんが座っているよ、と言われる。
それまで凄まじいテンションを
全身の毛穴から開き切っていた俺はいきなりびびりまくり萎縮したが
友人たちに今行かないとお前の人生終了みたいなことを言われ
五臓六腑から絞り切って出した勇気で話しかけたら
隣のお客さんに助け舟を出してもらいながら
すんなり連絡先を交換し
また公開するかもという情報をもらえた。

生きていてよかった、と嬉し泣きしながら橋本へ帰る。


結局5回くらい泣いて、すっきりし、これから頑張ろうと思った。



0 件のコメント:

コメントを投稿